ポリープ百科事典

悪性腫瘍とは

がん予防法

がんの発生原因は、詳しく解明されていませんが、ある程度の予防が出来ることが分かっています。まず、たばこは吸わないようにしましょう。タバコを吸う人は肺がんになる確率が、吸わない人に比べて非常に高く、また、自身がたばこを吸わないとしても、他人のたばこの煙による副流炎も可能な限り避ける必要があります。

また、アルコールは適度な量に抑えましょう。一般的に、週1回以上は飲酒をし、2日でアルコール量が1合程度が望ましいとされ、以上の飲酒は、飲酒関連癌という食道や肝臓の癌になりやすいと言われています。そして、食事は偏らずバランス良く食べる事が重要です。野菜や果物は、どちらも不足しないように摂取しましょう。

野菜と果物は、出来る限り毎日食べて、1日400gはとるように意識します。食事の際は、食塩の摂取はなるべく抑え、塩分濃度が高い食事は控えましょう。定期的な運動を、継続して行う事も重要です。激しい運動でなくてもウォーキングなどの適度な運動を毎日1時間程度行うようにし、週に1回は汗をかくような激しい運動をおこなうと、癌だけでなくその他の生活習慣病の予防にもなります。

癌の予防では、日常の生活習慣を改善する事が重要で、特に禁煙は、肺癌になる確率を確実に下げる事に繋がります。

また、喫煙と飲酒を同時に行う事は、癌の誘発に繋がりますが、喫煙をおこなわずに適量を飲酒している人は、飲酒しない人よりも癌の発生率が低い事がわかっており、無理に飲めないお酒を飲む必要はありませんが、飲酒する場合は禁煙する事が大切です。

FX自動売買

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved