ポリープ百科事典

悪性腫瘍とは

悪性腫瘍と良性腫瘍の違い

悪性腫瘍は、腫瘍が急速に異常な増殖をし、リンパ節や他の臓器に転移するという特徴があり、最終的には死に至る細胞の変異です。対して、良性腫瘍は、腫瘍の増殖速度が遅く、転移は起こらないので、特に問題がない場合は、放置しておいても命に危険はありません。

悪性腫瘍は、一般に癌という病名で知られていますが、細胞が癌化すると何故危険なのでしょうか。まず、細胞の癌化は、遺伝子の異常によって起こります。人を構成する細胞は、全部で60兆個ありますが、すべてが新陳代謝を行って、細胞分裂を繰り返しています。細胞の新陳代謝によって、古くなった細胞は死滅し、代わりに新しい細胞が生まれて、体は生体機能を維持しています。

細胞が分裂する際、細胞の情報はDNAによって新しい細胞にコピーされますが、この時、コピーのミスがあると、細胞の遺伝情報が狂い細胞が癌化する事がわかっています。正常な細胞は、決まった回数細胞分裂すると、自ら死滅していきますが、癌細胞には死滅するプログラムが、遺伝情報のコピーミスによりなく、何時までも細胞分裂を繰り返します。

良性腫瘍の場合は、細胞が異常を起こして発生しますが、悪性腫瘍のように無限に細胞分裂する事はありません。その為、転移しないので他の細胞に悪影響を及ぼすこともありません。ただし、良性腫瘍の中も、場所によっては命に関わるものもあり、その場合は摘出を行います。

また、乳房や大腸に良性腫瘍ができやすい人は、悪性腫瘍も出来やすいと言われています。

ミュゼプラチナム 効果

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved