ポリープ百科事典

悪性腫瘍とは

悪性腫瘍の発生するメカニズム

人間の体は、60兆個の細胞から構成されています。この全ての細胞が、新陳代謝によって、定期的に生まれ替わっています。このような細胞の新陳代謝は、細胞がコピーされておこります。

一般的に、体を構成する細胞の新陳代謝の周期は、90~120日程度とされています。体の細胞は、毎日、新しくコピーされた細胞と入れ替わっていますが、コピーがうまく行かず、ミスコピーが起こると、その細胞は癌になります。ただ、細部のコピーミスは人間の体内で毎日起こっています。細胞のコピーミスにより、毎日1000~2000個の癌細胞が出来ているとされていますが、全てが癌になる訳ではありません。

人の体には、リンパ球とよばれる白血球があり、細胞のコピーミスがおきると、リンパ球によって消去されます。1000個でも、2000個でも、正常なリンパ球の働きによって、一つ残らず消去されているので、通常は細胞のコピーミスが起きても、癌にならないのです。

何らかの原因で、リンパ球が働かず、1個でも癌細胞が残っていると、癌細胞は驚異的な分裂脳能力があるので、一気に増殖し、体が癌細胞に破壊されてしまいます。

癌の発生する原因にとして、2000個よりも多くのミスコピーが出来てしまうと、リンパ球だけでは、破壊しつくせず癌細胞が残ってしまうとされています。この、ミスコピーがたくさん作られてしまうのは、発がん性物資を摂取する事が原因とされています。また、免疫力が下がる事も癌になりやすくなります。

若い人よりも、高齢者が癌の発生率が高いのはリンパ球に数が減少し、機能が衰えているので、癌細胞を全て死滅させる事が出来ないためです。

人に好かれる会話術

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved