ポリープ百科事典

悪性腫瘍とは

癌とは

癌とは、体内の細胞が何らかの原因で、異常を起こした時に起こる病気を言います。体は様々な細胞が集まって成り立っており、通常、細胞は一定の法則に従って分裂し、増殖して体の機能を維持することができます。しかし、細胞が必要無いのに分裂、増殖しつづけると、大量に異常細胞の組織ができ、腫瘍となります。

腫瘍には良性と悪性があり、良性腫は癌ではなく、他部位へ転移したり、浸潤することがなく、命の危険はありません。悪性腫瘍は癌のことで、細胞が浸潤、転移、再発を繰り替えし行うという特徴があります。

悪性腫瘍の3つの特徴によって、人の体は組織や機能を破壊されて、死にいたるのです。正常細胞は、通常自殺遺伝子がプログラミングされているので、細胞分裂を一定回数繰り返すと、死にます。しかし、癌細胞は、自殺遺伝子がプログラミングされていないので、永久に細胞分裂しつづけ増殖します。

癌細胞が異常増殖すると、周囲の正常組織や器官にも浸潤して増殖し、正常組織を破壊してしまいます。また、癌細胞は血管やリンパ腺を通して、離れた組織にも新しく腫瘍を作るという、転移が起きます。

癌細胞は自分自身で、血管を新生することができ、栄養分を自分に供給して、他の正常細胞の成長に必要な栄養を奪ってしまいます。この為、正常細胞は機能しなくなり、体の組織がきちんと働かない事から、癌によって死亡する事になります。

車 売る

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved