ポリープ百科事典

器官別ポリープ

子宮頚管ポリープ

宮頚管ポリープは、子宮粘膜から発生する腫瘍です。子宮にできるポリープは子宮頚管ポリープと子宮内膜ポリープと2種類ありますが、その多くは子宮頚管ポリープで、良性腫瘍とされています。子宮頚管ポリープ、子宮粘膜の上皮細胞が異常に増殖して形成される事がわかっていますが、何故そのような異常が起きるかはわかっていません。

子宮頚管ポリープの大きさは、平均的に5mmほどの大きさで、特に、子宮頚管ポリープによる痛みはありませんが、出血しやすくなります。生理ではないのに、おりものに血が混じっていたり、セックスの後に細菌が感染して炎症を起こし、出血しやすくなります。

子宮頚管の場所は、子宮の入り口に当たる部分で、子宮頚管ポリープの根が細いものならば、外来で鉗子を使って取ることができ、痛みもほとんどありません。子宮頚管ポリープの根元が太い場合は、切除する際に出血をともなうので、外来ではなく手術で切除する必要があります。手術と言っても、短時間で終わる簡単なもので、特に危険はありません。

子宮頚管ポリープ自体は、不妊の原因になる事はまずありません。妊娠初期は流産しやすいので、特にいじらず放っておきます。妊娠4ヶ月以降になると、胎盤が完成するので切除することも出来ますが、特に問題ない場合は放っておきます。

子宮頚管ポリープは、一度取り除いても再発を繰り返しやすいと言われています。子宮頚管ポリープの原因である、炎症が改善されていない場合や、根っこが完全に切除出来なかった場合に、再発しやすいです。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved