ポリープ百科事典

器官別ポリープ

子宮内膜ポリープ

宮内膜ポリープは、子宮内の粘膜にきのこ状の腫瘍が発育して出来るもので、過剰に肥大化すると、子宮口の外まで腫瘍が成長する事があります。子宮内膜ポリープができる原因は粘膜の炎症といわれ、分娩や流産が原因とも言われています。

しかし、多くは卵胞ホルモンのエストロゲンの影響で、発生する事がほとんどと言われています。子宮内膜ポリープは良性の腫瘍なので、子宮内膜癌に悪化することはまずありません。しかし、大きさは大きくなると10センチを超える場合もあり、受精卵が着床しにくくなり不妊の原因になります。

子宮内膜ポリープを摘出しても、エストロゲンの影響や、根っこが切除しきれず残っていたりすると再発します。子宮内膜ポリープがあると、受精卵が子宮内膜ポリープに邪魔されて、着床障害を起こす事が多く、子宮内膜ポリープが小さいと不妊検査で発見されないこともあります。

子宮内膜ポリープは、有茎性粘膜下筋腫と似ており、超音波診断では区別がつかないと言われています。有茎粘膜下筋腫は、子宮筋腫の1つで子宮内膜に出来る茎を持つイボです。有茎粘膜下筋腫は、子宮を圧迫して着床を妨げて不妊や流産の原因となります。

有茎粘膜下筋腫の症状は、重い生理痛や多量の出血で、出血が多発する事による貧血が起きます。子宮内膜ポリープは、不正出血や重い生理痛などが起こりにくく、自覚症状がない人が多いので、不妊の原因となっている事が多いです。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved