ポリープ百科事典

器官別ポリープ

鼻ポリープ

鼻ポリープは、一般に鼻茸と言われる慢性的副鼻腔炎です。鼻かぜを引いた場合やアレルギー性鼻炎を持っていて、黄色の膿のような鼻水が発生し、鼻づまりが長期間治らないことを、急性副鼻腔炎といいますが、急性副鼻腔炎から副鼻腔が炎症を繰り返して、なかなか回復しないものを慢性副鼻腔炎と呼びます。この時に、鼻中を観察すると、白い水ぶくれ状のキノコのようなこぶがあり、これが鼻ポリープです。

鼻ポリープの症状は、左右交代で鼻づまりが起きます。症状が進行すると、両側とも鼻づまりになり、膿性の鼻水が止まらなくなり長期間出続ける事になります。鼻ポリープは鼻風邪と症状が似ていますが、長期間症状が続くという点が異なります。

また、鼻ポリープが鼻腔を塞ぐので、嗅覚が鈍くなるという特徴もあります。鼻ポリープの症状がひどくなると、ポリープが肥大化して鼻の穴か出てきたり、鼻が変形することもあります。

単に、鼻づまりを起こしているとして、安易に適切な対処をしていないと、鼻が変形する場合もあるので、鼻に違和感を感じたら軽視せずに専門医に診断して貰いましょう。また、鼻ポリープで鼻腔が圧迫されて、頭痛が生じる場合もあり、酷い頭痛で脳神経外科や内科を受診した結果、鼻ポリープが原因であると判明することもあります。

鼻ポリープは、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎と関係が深く、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を完治しないと、鼻ポリープも再発する可能性があるので、鼻ポリープの治療と平行し、根本の原因を解決する治療も必要です。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved