ポリープ百科事典

器官別ポリープ

肛門ポリープ

肛門と直腸の粘膜の境目には、歯状線という波打った部分があり、そこにある肛門乳頭が、排便によって刺激されて炎症性することで、肥大したり、硬化したものが肛門ポリープです。直腸ポリープや、痔とは別のものとされています。

肛門ポリープは、裂肛によって引きおこる事が多く、ポリープが小さいうちは無自覚ですが、大きくなると肛門から飛び出す事もあり、万が一、裂けてしまうと激痛や出血をともないます。

肛門ポリープが、単独で出来ている場合は、外来で局所麻酔を行い切除する事が可能ですが、裂肛した場合や、直腸ポリープを合併している場合は、病気の治療の為にも入院する場合あります。肛門ポリープは、通常悪性腫瘍になる事はありませんが、破裂しやすく痛みを伴うので、早めに対処した方がいいでしょう。

肛門ポリープは、裂肛してできた傷が便で汚染される事で、菌が感染して炎症し、腫れて出来るとされています。ただ、肛門ポリープは悪性腫瘍の危険は無くても、肛門ポリープではなく脱肛の可能性もあるので、自己診断せずに専門医を受診しましょう。

肛門ポリープは、痔核と違って触ると弾力がありますが、脱肛すると痔核と勘違いされやすいです。肛門ポリープ自体に、痛みはありませんが、裂肛する事で激しい痛みを伴います。

肛門ポリープは脱出した時も痛みがありますが、中に戻す際も非常に痛み、戻した後もしばらくは痛みが続きます。中に戻して裂肛が治ったとしても、ポリープ自体が無くなることはないので、痛みや出血がおさまっていても、また脱肛したり、裂肛する危険があるので、早めに治療しましょう。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved