ポリープ百科事典

ポリープに似た病気

脂肪腫

脂肪腫は、皮下脂肪や筋肉の中にある脂肪組織が変化することで生じる、脂肪の塊です。ポリープほど高い頻度で出来る訳ではありませんが、珍しい病気でもなく、割とよく見る事のできる病気です。

顔に出来る場合は、おでこにできやすく、体では腕や肩、また背中などにもできやすいです。ポリープに比べて、大きくなってから気がつくことが多く、細菌感染することはほぼありません。脂肪腫が出来ても、普通は痛みは生じません。

ほとんどの脂肪腫は良性腫瘍ですが、まれに悪性の脂肪肉腫が発生してしまう事もあり、直径が5㎝以上の腫瘍は悪性の可能性が高いと考えていいでしょう。

巨大な脂肪腫でも、外からでは分かりにくく、触ると軟らかくて境界もはっきりしません。脂肪腫は無痛な為、押しても痛みを感じることはありません。

体重が増加すると、腫瘍も大きくなると言われています。脂肪腫の腫瘍は皮下脂肪に出来る、黄色の脂肪の塊で、深部の筋肉中に脂肪種が発症する場合は、外観ではわかりません。

皮下のすぐ下に発生した場合は、肉眼でも違和感を感じることが出来ます。脂肪腫の発生原因は不明で、特に40代~50代の女性に多くできるとされていますが、筋肉に発症する場合は、男性に多いです。

男性の場合、背中や肩、臀部の皮下、大腿部の筋肉中によく発症します。脂肪腫は放置しても良性腫瘍なので問題ありませんが、自然に小さくなる事はまずないので、除去する場合は手術を行います。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved