ポリープ百科事典

ポリープに似た病気

食道静脈瘤

食道静脈瘤は、肝硬変や慢性肝炎、また門脈や肝静脈の狭窄によって、門脈圧が上昇し、食道粘膜の静脈が太くなってしまい、最終的に破裂してします病気です。食道静脈瘤ができると、吐血や下血が発生し、死亡原する事もある危険な病気です。胃や腸の血液は、通常門脈から肝臓を通って心臓へ戻っていきます。

口で食事を取ると、胃酸や唾液によって、消化や分解が行われます。分解された栄養素は、腸で吸収されて血液にのって肝臓に送られ、肝臓で再び合成される事になります。

このように、胃や腸の血液は肝臓通りますが、肝硬変や慢性肝炎になると血液が通りにくくなってしまいます。門脈や肝静脈の閉塞でも、同様に血液が停滞するので、血液は別のルートで心臓にもどろうとします。この、別のルートが食道や胃の粘膜の下にある静脈で、血液が集中して太くなると食道静脈瘤や胃静脈瘤となります。

食道は、毎日食物が通るので、静脈瘤が大きくなると刺激されやすくなって破裂し、出血することになります。食道静脈瘤が出来ること自体は、特に痛みはありませんが、破裂する事で突然吐血して自覚する場合や、血便で気づくこともあります。

胃に近い部分の静脈部分に出来やすく、複数の静脈で静脈瘤が確認される場合もあります。食道静脈瘤は破裂した場合、血液が固まりにくいので、出血する事で肝機能がより悪化してしまいます。肝機能が悪化すると、回復する事が難しく非常に危険な病気です。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved