ポリープ百科事典

出来やすいポリープ

胃ポリープ

胃ポリープは、基本的には良性の胃に出来る腫瘍のことを指します。胃ポリープは、胃粘膜の上皮細胞が異常に増殖する事で、胃内腔に腫瘍が出来ます。胃ポリープには、種類がいくつかあり、きのこ状の有茎性や亜茎性のもの、また、根もとが広い無茎性のポリープがあります。

有茎性のポリープは良性腫瘍が多く、特に危険はないとされていますが、無茎性のポリープは、悪性腫瘍でる場合があるので注意が必要です。

胃ポリープが出来る原因は、はっきりとは分かっていませんが、胃の粘膜が欠損すると、粘膜の上皮が欠損を過剰に修復しようとして、細胞が異常を起こしてポリープになると考えられています。このような経過で出来る胃ポリープは、過形成性ポリープといい慢性胃炎をもつ人はなりやすいと言われています。

胃ポリープの症状の多くは、自覚症状を特に持たない事です。

胃ポリープは、健康診断でX線や内視鏡の検査を行う事で、偶然発見される事が多く、それまでは、異常を感じたり、気がついたりする事がほとんどありません。大きく肥大した過形成性ポリープは、消化管出血を引き起こす場合もあります。

胃ポリープの症状の多くは、自覚症状を特に持たない事です。胃ポリープは、健康診断でX線や内視鏡の検査を行う事で、偶然発見される事が多く、それまでは、異常を感じたり、気がついたりする事がほとんどありません。大きく肥大した過形成性ポリープは、消化管出血を引き起こす場合もあります。

治療1cmを超える腺腫性・過形成性ポリープは定期的な経過観察が行われますが、まれな症状です。胃ポリープが経過を観察中に大きくなる場合は、内視鏡を用いて、ポリープの切除が行われます。

ポリープ良性腫瘍なので、小さな場合は放置しても、問題は特になく、自然消滅を待つ場合もあります。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved