ポリープ百科事典

出来やすいポリープ

声帯ポリープ

声帯ポリープは、声帯部分に生じる炎症性の腫瘍で、通常は喉の片側だけに生じます。

ポリープの大きさは、人によって様々ですが、声帯ポリープの原因は、声帯の乱用が原因と言われています。その為、大声をよく使う歌手や、声優、また教師などの職業に就いている人はなりやすいと言われています。

まあ、このような職業についていなくても、カラオケや怒鳴り声、また演説などをよく行っている人は、急激な発声が原因となり、声帯粘膜の血管が破裂して内出血を起こし、ポリープが出来ると言われています。

声帯ポリープでは、声がかすれるという症状がよく見られます。声帯は声を出す器官で、声帯が震えることで声が出ます。声帯がきちんと閉鎖しないと、十分に震えることできず、きれいに発生する事が出来なくなります。

ポリープができると、ポリープの突出物が、声帯が閉じるのを邪魔して、声がかすれてしまいます。風邪ではないのに声がかすれたり、声が出せないといった発声障害以外に、喉の違和感を示す場合もあります。

声帯ポリープは、他のポリープに比べて、自覚症状が起こりやすく、声が出せず不便になる前に治療してしまうといいでしょう。声帯ポリープも、他のポリープ同様、良性腫瘍なので放っておいても、自然治癒する事はありますが、声が出せず不便な場合は切除しましょう。

手術は、全身麻酔をして、顕微鏡下手術やファイバースコープを用いて行います。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved