ポリープ百科事典

腫瘍予防の食事

緑茶

緑茶に多く含まれる茶ポリフェノールは、腫瘍形成の予防効果があると言われています。緑茶や茶ポリフェノールは、発ガン物質の作用を抑制したり、癌の進行を阻害する効果があることが分かっています。

緑茶ポリフェノールはガン細胞に細胞死を促し、ガンの発生を遅らせ、他の臓器への転移も抑制するとされています。緑茶の茶ポリフェノールには、ガンの発生、進展、転移を抑制する力があるのです。緑茶は、活性酸素を弱めて、ガンの発生や進行を予防します。

緑茶にはカテキン類やビタミンCなど、抗酸化作用として働く成分が豊富に含まれている為です。カテキン類はポリフェノールの仲間で強い抗酸化作用があり、水溶性なのでビタミンCと一緒に体液中で抗酸化作用を行います。茶ポリフェノールは、通常の緑茶一杯で100 mg摂取できるといわれています。

茶ポリフェノールは、乾燥茶葉に豊富に含まれているため、最近はお茶の葉をそのまま食べる事が、癌や腫瘍の形成に有効であるとされています。

お茶の葉には食物繊維なども豊富に含まれているので、熱湯で抽出できない食物繊維も摂取するには、お茶として煮出して飲むより、茶葉をまるごと食べる方が、予防効果はさらに高まると言われています。特に、抹茶は緑茶よりも効果が大きく、デザートに抹茶粉を振りかけて食したり、抹茶をたてて粉まで飲むことで、茶葉をたべるのと同等の効果があるとされています。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved