ポリープ百科事典

ポリープの予防

胃ポリープ

胃ポリープは、生活習慣や日々の食事によって、十分予防することができます。胃ポリープの予防には、ストレス解消を行い、規則正しい生活を送るようにすることで予防できます。

食事は毎日決まった時間に摂るとうにし、食事中はゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。暴飲暴食は避けて、栄養バランスの整った食事を取ります。

胃ポリープが出来てしまった場合には、牛乳や卵の動物性タンパク質、豆腐などの植物性タンパク質を積極的に摂るようにします。また、食物繊維の多い野菜はよく煮て調理し、肉や魚はミン チにするか細かく切って食べるようにしましょう。

また、揚げものなどの油っこい物は控えて、香辛料や強いアルコール、炭酸飲料やコーヒーといった、刺激物はなるべく避けるようにしましょう。

また、タバコも刺激物なので喫煙をやめて、ストレス解消のためにも、毎日継続して行える適度な運動を行いましょう。近年、海藻のぬめり成分の中に含まれるフコイダンが、胃の粘膜を保護する働きがあるとされているので、海藻も積極的に食べるようにしましょう。

特に、食事で注意すべきなのは、刺激物をとらないようにすることで、辛過ぎるカレーや、キムチ類、コーヒー、アルコールなどは、回復するまではとらないようにしましょう。

牛乳は、胃粘膜をある程度保護する働きがあるので、刺激物をどうしても食べる場合は、乳製品で、胃粘膜を保護しておきましょう。

高脂肪で高タンパク質な欧米的な食事は、ポリープを形成しやすいとされているので、毎日食べるのではなく、和食と交互に取るなどして胃をいたわりましょう。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved