ポリープ百科事典

ポリープの予防

子宮ポリープ

一般的に、月経不順の人が多く、なりやすいといわれています。子宮ポリープは、女性ホルモンの分泌障害が原因と言われていて、自律神経の乱れや、ストレスや肥満といった、分泌障害が多数考えられます。

月経不順の人は、子宮の発育が未熟な事が多く、生理の際に血液を体外に排出する為に、子宮が大きく収縮して強い生理痛が起きます。

また、女性ホルモンの分泌が、生理中はどの女性も乱れています。特に、月経不順の人の場合、子宮だけでなく乳房の発育も未熟である事がおおく、子宮ポリープだけでなく、乳房にもポリープができやすいです。

子宮頚管ポリープは、粘膜の炎症が原因であったり、女性ホルモンが関係しているとも考えられていますが、はっきりした原因はわかっていません。子宮内膜ポリープは、女性ホルモンの作用で子宮内膜が過剰に増殖したもので、発生頻度としては頚管ポリープに比べると少ないです。無症状の場合もありますが、生理の出血が多くなることや、生理以外でも出血するなどして自覚することもあります。

子宮頸管ポリープは子宮頚管で細菌が感染してる場合や、女性ホルモンのエストロゲンが原因と考えられ、子宮頸管ポリープは、外来ですぐに除去処置が行われます。

ただし、妊娠初期の流産しやすいときは子宮頸管ポリープは放置し、胎盤が安定してから、妊娠に問題がある場合や、胎児の発育を阻害する場合は、摘出します。子宮頚管ポリープも、再発しやすいので疲れを完全に取って再発を防止しましょう。

ポリープの再発を予防するには、ただの切除ではなく、電気凝固焼灼、凍結療法、レーザー処理などで患部の細胞を焼いてしまう事もあります。大きなポリープの場合は、焼き切る事が出来ないので、根元を糸で止血する結紮後切断を行います。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved