ポリープ百科事典

ポリープの予防

胆嚢ポリープ

ポリープの多くは、良性のコレステロールであり、胆嚢ポリープから胆嚢癌まで進むことは、極めて少ないとされています。ただ、胆嚢ポリープが出来ると、胆石ができやすいとされています。胆嚢ポリープの予防には、胆汁を長時間胆嚢内にとどめないようにし、肝臓の機能を強化する事が重要です。

こんにゃくには胆汁を排泄する作用があり、タウリンが豊富に含まれているカキやシジミなどの貝類は、肝臓がもつ解毒作用をサポートし、働きを促す効果があります。胆嚢ポリープができる原因には、脂肪分の多い食事を取っている事が考えられます。

日本人の食生活は近年、急激に変化しており、三大栄養素の脂肪の摂取量が異常に増えています。脂肪の摂取量は、胆嚢ポリープの発生に大きく影響するだけでなく、脂肪分の高い食事は、コレステロール胆石やコレステロールポリープをつくる事になります。

脂肪分の吸収を促す為に、胆嚢が活発に収縮活動を行い、胆汁を排出する為、胆石がある人は脂肪分の高い食事をとると、痛みをともないます。胆嚢ポリープの予防や治療で大切なのは、動物性脂肪を初訓示で摂取する量を抑え、食用油の使用も抑えるようにして、油の量をへらすことが重要です。

胆嚢ポリープが、10mm以上に拡大してしまうと、胆嚢がんを発症する可能性が高くなります。すでに、ポリープの一部が癌化している可能性もあり、胆嚢に起こる病気は、肥満傾向の人に多いです。低脂肪で食物繊維の多い野菜を中心とした食事をとり、適度な運動をして肥満の解消を行う事が大切です。

Copyright (C) ポリープ百科事典 All Rights Reserved